MFAチャイルドケアプラスライセンス取得講座

リスクマネジメントについて考える救急ライセンス取得講座をやります。
「今まで大丈夫だったから大丈夫。」ではなく、大切な人を守るため、そして自分や所属団体を守るため、最新の国際ガイドライン対応の救急法を取得しませんか?
興味がある方はぜひ申込してください。

メディックファーストエイドとは

MFAはMEDIC First Aid(メディック・ファーストエイド)の略称です。MFAは救急医療の先進国、アメリカで35年以上(1976年創設)も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の教育学的手法と国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んでアップデートを続けています。

チャイルドケアプラスTM(ChildcarePlusTM)

MEDIC First Aid R のチャイルドケアプラスTM は、小児、乳児、成人のためのCPR(心肺蘇生法)、AED(自動体外式除細動)とその他の応急手当て(ファーストエイド)を習得して頂けるコースです。 親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチなど、子ども達の健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々に最適な講習プログラムです。 このコースは成人の救命法もカバーしているので、小児・乳児のみならず、保育や学校の施設内に出入りする大人の緊急時にも対応できます。 最新のCPR、AED、ファーストエイドのガイドラインを反映している、この「チャイルドケアプラスTM・コース」は、米国では保育者に 課せられている応急手当ての基準を満たしていますので、日本の保育者や保育施設にも、事故や病気から子ども達を守るための情報として大いに有益です。

開催日
2017年11月15日(水)

場所
広島県立福山少年自然の家

時間
8:00~17:00

参加費
17,000円(講習費・ライセンス取得費用・運営費等・昼食湯茶代含む)

申込方法
名前、住所、年齢、連絡が取れやすい電話番号を以下のメールアドレスへお知らせください。
info@forestella.org

スポンサーリンク