指導者育成事業

フォレステラでは、指導者育成事業として、世界レベルの民間救命救急法であるメディックファースト(R)の取得講座を行っております。

メディックファーストエイドとは

MFAはMEDIC First Aid(メディック・ファーストエイド)の略称です。MFAは救急医療の先進国、アメリカで35年以上(1976年創設)も前に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の教育学的手法と国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んでアップデートを続けています。

チャイルドケアプラスTM(ChildcarePlusTM)

MEDIC First Aid R のチャイルドケアプラスTM は、小児、乳児、成人のためのCPR(心肺蘇生法)、AED(自動体外式除細動)とその他の応急手当て(ファーストエイド)を習得して頂けるコースです。 親や祖父母はもとより、学校施設、保育者、スポーツ・コーチなど、子ども達の健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々に最適な講習プログラムです。 このコースは成人の救命法もカバーしているので、小児・乳児のみならず、保育や学校の施設内に出入りする大人の緊急時にも対応できます。 最新のCPR、AED、ファーストエイドのガイドラインを反映している、この「チャイルドケアプラス?・コース」は、米国では保育者に 課せられている応急手当ての基準を満たしていますので、日本の保育者や保育施設にも、事故や病気から子ども達を守るための情報として大いに有益です。

受講対象者
  • 一般市民
  • 保育関係者
  • 教職員
  • ベビーシッター
  • 介護施設の職員
  • 組織内の救急要員
  • 講習の条件

指導員1名に対して受講者最大12名まで
練習用人形1セット(成人、小児、乳児各1体)に対して受講者最大6名まで
AED訓練器1台に対し受講者最大6名まで
1クラスの講習の最大人数は2名の有資格インストラクターに対し24名まで
講師はMEDIC First Aid International,inc.より認定を受けたインストラクターです。

定員について

12 名(先着順・更新者優先) スキル実習
受講者は小グループに分かれて基本的なスキルの練習をし、そのスキルを現実にあてはめる練習をオプション・シナリオで行ないます。

所要時間について

7~8時間(但し、参加者のトレーニング受講経験や参加者数、オプション・トピックの提示により異なります。)

受講生ガイド

受講者は各自、受講生ガイドを1冊ずつ所有して受講し、後の参照用として持ち帰ることができます。
A5版フルカラー 全編118ページ

修了カード

コースを満足に修了するとプラスチック製の修了カードがその場で発行されます。
追加費用はかかりません。

有効期限は2年間

修了証には「有効期限」が設定してあり、再教育プログラムによって常に最新の救命・救急・救護が行えるようアフターケアの連絡まで組み込まれています。

MFAはMEDIC First Aid( International,inc. の登録商標です。

希望の場所で受講が可能です。

ご都合に合わせてご希望の場所で受講が可能です。(※3人以上で出張講習いたします。)
DVD等が見れる設備一式、人数分の机・椅子、実習に十分な広さの会場をご用意頂く必要があります。
講習料金の他に交通・宿泊費や駐車場が無い場合それらの費用をご負担いただきます。
詳しくはお問い合わせください。

人気の記事
スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします。

フォローする